ヨガウェアを選ぶ際に

ヨガを行うとき基本的には薄着で行うことが多いです。

夏はスタジオにはクーラーがしっかりとかかっていることもあり、逆に肌寒く感じてしまうこともあります。このような場合は、前もって長袖の羽織りものがあると体温の調節がしやすいです。そして、体温を保ってくれる下着やパーカーなども取り入れると便利です。ヨガウェアは様々な色が取り揃えられていて、ヨガをすること自体を楽しみにさせてくれます。パステルカラーやビタミンカラーなどもあり、周りとは一味違った個性も出すことが可能です。

そしてトップスを選ぶポイントとしては、一体型ブラを活用するということです。ヨガでは意外と大きな動きをすることが多く、ポーズによってはブラが外れてしまったり、紐が肩から落ちてしまう可能性もあります。これによりポーズが取りにくくなりますし、頻繁にブラを元の位置に戻すことは面倒です。特にブラ紐に関しては気になることなのでいっそのこと、一体型にしてしまうことで悩みを解決することができます。

そして、妊娠期間のヨガを意識して大きめのサイズのヨガウェアを選択する必要はありません。サイズに余裕がありすぎると、ポーズをとっているときに服がめくれ上がってしまいそれが気になってヨガに集中できなくなる可能性も高いです。サイズはきつすぎないですが、大きすぎないという絶妙なサイズを選ぶことでスムーズにポーズをとることもできます。ヨガは心を落ち着かせて無駄なことを考えずに進めていくものなのでヨガウェアはとても重要なものになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *