マタニティヨガウェアの選び方と冷え対策

マタニティヨガは妊婦さんが体力づくりのために行うことができるヨガのことです。

マタニティヨガで人気のヨガウェアのスタイルはキュロットタイプのオールインワンです。これにはパーカータイプやフロントラップタイプという2種類が主流です。これにレギンスを合わせることによって簡単に、ヨガのコーディネートが完成します。ウエストの丈や位置も自分の体型に合わせて調節することが可能なので、お腹が今後大きくなっていったとしても安心でゆったりと着ることができ動きやすいです。

次に滑らかなストレッチ素材のものを選ぶと安心です。サルエルシルエットのパンツは聞き慣れない言葉ですがとても使い勝手の良いものとなります。ヨガウェアのフルレングスのパンツに比べて足の形がすっきりとみることができるので、体型カバーにも良いです。足元が冷えてしまうときにはレッグウォーマーなどを組み合わせることも可能です。ウエストは折り返したり伸ばしたまま着用することもでき、臨機応変に着用します。

妊娠初期と中期のお腹の大きさは全く違います。全ての周期に合わせますし、お腹が大きくなってからや産後にも使うことができる一般的なデザインとなっています。素材は伸縮性のあるもので焼きやすいです。きつすぎず緩すぎずということがポイントです。ヨガウェアのウエストの部分は妊娠中であるお腹をカバーするようにして着用することが多いです。冷えから体を守るためにレッグウォーマーや靴下をはいて冷えから体を守り体を温めます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *