コラーゲンヨガは肌にどう働くの

コラーゲンは、人の体を構成している全てのタンパク質の約30%を占めています。

それは皮膚や血管や歯などの様々な組織に存在していて、肌の弾力を保つために水分を保持する働きもしています。そんなコラーゲンは光トリートメントによって体全体に浴びる事で、体内のコラーゲンを活性化する働きをするのです。ヨガのポーズをしながら腹式呼吸をする事で発汗を促し、毛穴の汚れや老廃物を排泄する効果があります。

さらにドリンクを摂取したりオイルを塗った上に、光トリートメントを浴びることによってコラーゲンを生成する働きがあるのです。お肌を美しい状態で保つためには、定期的に運動を行い新陳代謝を高める事がとても重要となります。またその際にはリラックスする事がとても大切です。

コラーゲンヨガは、清潔な部屋で落ちつた状態でポーズを取る事が出来るため、リラックスした状態を保つ事が出来ます。またコラーゲンヨガは、ストレスを解消したり体力を付ける事が出来たりと、ストレスの多い現代社会において必要な物を手に入れる事が出来るのです。

コラーゲンヨガの元となるのは、ヨーロッパで流行したランプ照射によるコラーゲントリートメントなのです。2011年ごろに日本でも行われるようになり、これらをフィットネススタジオでも出来るように考えられたのが、LEDランプによる照射なのです。照射する事によって、肌を奥の方を活性化させてコラーゲンが作られるのを促す働きをするのです。
ヨガウェアのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *